Skip to main content







プロフィール  Profile




香坂 玲 Kohsaka Ryo


金沢大学 人間社会環境研究科 地域創造学 の准教授

 

静岡県生まれ。東京大学農学部卒業。

ハンガリーの中東欧地域環境センター勤務後、英国で修士、ドイツ・フライブルク大学の環境森林学部で博士号取得。

 

2006年からカナダ・モントリオールの国連環境計画生物多様性条約事務局の勤務、2008年4月から2012年3月まで名古屋市立大学大学院経済学研究科の准教授。

2008-2010年度までCOP10支援実行委員会アドバイザー。

 

国連大学高等研究所の客員研究員として里山の評価などにも参画。財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)のフェロー、南山大学の社会倫理研究所の非常勤研究員、WWFジャパン自然保護委員会、東京都、石川県、名古屋市環境審議会の委員なども兼務。

 

 過去には、文部科学省参与(H26 COP12政府代表団) 経済産業省調査員(H22)、環境省生物多様性広報参画普及委員会(H20-22)、愛知県知財プラン策定委員会(H22)、名古屋都市センター特別研究員(H21-22)、石川県いしかわ環境国際交流アドバイザー(H22)など。文部科学省委託事業 第9回科学技術予測 第4期基本計画で重視すべき新たな科学技術に関する検討『No.8 分科会』(環境指標を向上させるための技術)の分科会委員。

 

[略歴]

 

金沢大学 人間社会環境研究科 地域創造学 の准教授 (現在に至る)


名古屋市立大学大学院経済学研究科 勤務  環境経済、環境マネジメント担当

 

国連環境計画 生物多様性条約事務局 勤務 (外務省 JPO/AE 派遣)

 

国際日本文化研究センター、東京大学農学生命科学研究科、中央大学研究開発機構等 の共同研究員

 

フライブルク大学(ドイツ) 環境森林学部 森林経済学研究室 博士課程 修了 (博士号)

 

イースト・アングリア大学 (英国) 開発学大学院 環境開発学 修士課程 留学/修了 (修士号) 
東京大学大学院 農学生命科学研究科 修士課程 修了 (修士号)

  
東京大学農学部卒業
 地域経済・資源科学課程 国際開発農学専修   (学士)
 

業績
 Publications
 

[論 文 Articles]

Kohsaka,R. Tomiyoshi,M. Saito,O. Hashimoto,S. Mohammed,L. (2015) Interactions of Knowledge System in Shiitake Mushroom Production : A Case Study on the Noto Peninsula, Japan, Journal of Forest Research, Vol.20, No.3, ISSN: 1341-6979, DOI: 10.1007/s10310-015-0491-4, pp.491-502


Kohsaka,R. Matsutani,H. Matuoka,H. Tomiyoshi,M. (2015) Tourist Expectations:A Comparative Study between Non-Asian and Taiwan /Hong Kong tourists in Kanazawa, Japan, Journal of China Tourism Research, Volume 11, Issue 2, 2015, ISSN 1938-8160, DOI:10.1080/19388160.2015.1035469, pp.186-199


Kohsaka,R. Tomiyoshi,M. Matuoka,H. (2015) Tourist perceptions of traditional Japanese vegetable brands: A quantitative approach to Kaga vegetable brands and an information channel for tourists at the Noto GIAHS site AP-BON 3 Integrative Observations and Assessments


Kohsaka,R. Shoji,Y. Naganawa,K. (2015)Why people visit zoos: An empirical approach using the travel cost method for the Higashiyama Zoo, Nagoya, Japan. AP-BON 3 Integrative Observations and Assessments


香坂玲・戸越祥太・冨吉満之・岩田まり・藤平祥孝・松岡光 (2015) 大都市圏以外の地域における中小企業による森づくり活動の定量的把握:郵送アンケートによる石川県加賀と能登の地域比較より 林業経済研究 612pp.13-22

Hashimoto,S. Nakamura,S. Saito,O. Kohsaka,R. Kamiyama,C. Tomiyoshi,M. Kishioka,T. (2015) Mapping and characterizing ecosystem services of social–ecological production landscapes: case study of Noto, Japan Sustainability Science DOI 10.1007/s11625-014-0285-1


冨吉満之・ 香坂玲・川邊咲子 (2015) 「七尾市」および「新修七尾市史」にみる農林業の変遷と今後の地域農村業展開への示唆, 金沢大学人間科学系研究紀要, 6 7, 1-20, ISSN:1883-5368


Kohsaka,R. Tomiyoshi,M. Saito,O. Hashimoto,S. (2014) Impacts of conventional versus new knowledge systems on farming success: a case study od shiitake mushroom production on the noto peninsula, Japan. Kohsaka R and Thompson I (eds.) Sustainable Management including the use of Traditional Knowledge in Satoyama and Other SELPS: 79-87


香坂玲・岩田まり・入江憲治・冨吉満之・西川芳昭・渡邉和男 (2014) ミャンマーにおける農林業の生物多様性・遺伝資源・伝統的知識に関わる政策: シードバンクの戦略的役割についての展望植物遺伝資源探索導入調査報告書 (植探報) 30, pp.145-157


Kohsaka,R. Okumura,S. (2014)  Greening the cities with biodiversity indicators; Experience and challenges from Japanese cities with CBI  In T. Yahara and S. Nakano (eds.) The Biodiversity Observation Network in the Asia-Pacific Region, pp.409-424

 

Kohsaka,R. Tachibana,S. Iwata,M. (2014) Environmental disclosure in Japanese wood related companies: Environmental information disclosure in 2005 and in 2010 In T. Yahara and S. Nakano (eds.) The Biodiversity Observation Network in the Asia-Pacific Region, pp.393-407


Saito,O. Kamiyama,C. Landreth,N. Hashimoto,S and Kohsaka,R. (2014) A synergy and trade-off analysis of satoyama landscapes for addressing key challenges in Asia-Pacific biodiversity and ecosystem services assessments In Kohsaka R and Thompson I (eds.) Sustainable Management including the use of Traditional Knowledge in Satoyama and Other SELPS (proceedings): pp.103-110 (査読有)

 

Tomiyoshi,M. Kohsaka,R. Saito,O. Hashimoto,S. and Fujihira,Y. (2014) Farmland conservation by private companies in depopulated regions - A case study in Ishikawa, Japan. Kohsaka R and Thompson I (eds.)  Sustainable Management including the use of Traditional Knowledge in Satoyama and Other SELPS (proceedings) : pp.139-144. (査読有)


Hashimoto,S. Nakamura,S. Saito,O. Kohsaka,R. Kohriki,C. and Tanaka,R. (2014) Measuring ecosystem services of social-ecological production landscapes of Noto: toward the economics of Satoyama In Kohsaka R and Thompson I (eds.) Sustainable Management including the use of Traditional Knowledge in Satoyama and Other SELPS (proceedings): pp.17-26 (査読有)

 

Kohsaka,R. Henrique M. Pereira, Elmqvist,T. Chan,L. +13 other authors (2013) Indicators for management of urban biodiversity and ecosystem services: scientific evaluation of Cities’ Biodiversity Index City and Biodiversity Outlook  Springer, pp.699-718


Kohsaka,R. Wanyu,S. Saito,O. Sadohara,S. (2013) Local Assessment of Tokyo: Satoyama and Satoumi Traditional landscapes and management practices in a contemporary urban environment City and Biodiversity Outlook  Springer, pp.93-105

 

Kohsaka,R. (2012) The Negotiating History of the Nagoya Protocol on ABS: Perspective from Japan 日本知財学会誌 9(1):56-66


Aikoh,T. Abe,R. Kohsaka,R. Iwata,M. Shoji,Y. (2012) Factors Influencing Visitors to Suburban Open Space Areas near a Northern Japanese City. Forests; 3(2):155-165

 

香坂玲・九里徳泰 (2011) 生物多様性と地域政策: 科学-政策インターフェースとしての都市と生物多様性 サスティナブルマネジメント 10:2 19-37

 

Kohsaka,R. (2010) Developing Biodiversity Indicators for Cities: Applying the DPSIR Model in Nagoya and Integration of Social and Ecological Aspects. Ecological Research Vol.25 No.5 pp.925-936 日本生態学会発行

 

香坂玲 (2010) リスク・コミュニケーションと企業活動 -生物多様性に関わる経団連のアンケート事例から-  日本生態学会誌 特集 我々は「生態リスク」とどう向き合うのか? Vol.60 pp.361-367


長谷川泰洋・岡村穣・香坂玲 (2010) Assessing the cultural service of sacred forest in Nagoya : 平成22年度日中韓国際ランドスケープ専門家会議論文集:日本造園学会:pp.39-44

 

Kohsaka,R. (2010)  How scientists can contribute to the CBD and the post-2010 targets: Challenges in raising public awareness and lessons learned from NGO campaigns. Proceedings of the FFPRI/OECD Symposium on "The role of forest diversity in the sustainable of ecosystem goods and services in agro-forestry, fisheries, and forestry" pp.86-92 森林総合研究所発行 (論文集の一章・査読あり)

 

香坂玲・庄子康 (2010) トラベルコスト法を用いた「なごや東山の森」のレクリエーション便益評価
ヒトと動物の関係学会 Vol.25 pp. 66-71


Kohsaka,R. (2009)  Economics and the Convention on Biodiversity: Financial Incentives for Encouraging Biodiversity in Nagoya In Werner and Mueller (eds.) Urban Biodiversity & Design, Blackwell London pp.593-607.

 

Kohsaka,R. Tokuyama,M. (2009)   Incorporating Biodiversity in the Japanese Private Sector: An analysis of a preliminary survey conducted on the Nippon Keidanren Business Association. Oikonomika Vol.46 pp.1-20


香坂玲 (2009) 米加針葉樹製材貿易紛争の利害構造と報道にみる「雇用の場としてのカナダ林業」の変遷 林業経済研究 553 pp. 23-34


香坂玲・本田悠介(2009 生物多様性条約における遺伝資源の利益配分と知的財産権をめぐる議論の交錯 知財学会誌 No.4 pp.3-13 

 

香坂玲 (2009)生物多様性とヒトと動物の関係学:2010年の第10回生物多様性条約締約国会議に向けて ヒトと動物の関係学会 Vol.23 pp.76-81 [解説/査読あり]


香坂玲 (2008) 生物多様性条約における森林の拡大作業計画 日林誌  Journal of the Japanese Forest Society[短報/査読あり] 90:2:116-120

 

Gehring,K. Kohsaka,R. (2007) 'Landscape' in the Japanese language.Landscape Research 32:2: 273 - 283 

Kohsaka,R. Handoh,C.I. (2006) Perceptions of “Close-to-Nature Forestry” by German and Japanese groups.   Journal of Forest Research 11:1: 11-19

 

香坂玲 (2006)分権化時代における森林のレクリエーション機能への自治体による投資負担の現状 東京大学農学部演習林報告115 号 pp.81–98


香坂玲・井上真 (2005) Historical Reviews of Sustainable Forest Management and Ecosystem Approach: Based on Reflections of New Forestry and New Ecology in the 1980s, The Role of Forests for Coming Generations Philosophy and Technology for Forest Resource Management, Japan Society of Forest Planning Press発行, IUFRO出版, pp.325-332

 

Kohsaka,R. Flitner,M. (2004) Exploring forest aesthetics using forestry photo contests. Forest Policy and Economics Vol.6 No.3/4 pp. 289299

 

香坂玲八巻一成神沼公三郎石井寛 (2003)ドイツにおける木質バイオマス・エネルギーの戦略的展開サスティナブルマネジメント 3:1:121-135

 

香坂玲 (2002)風景のなかの他者たち: 森林文化研究 第23 pp.65-80

 

Kohsaka,R. (2002) Constructing “Hotspots” in Siberian Forests. 5JICA国際協力大学生論文コンテスト 入選作品集 pp. 98-108.


 
[著作/Books]

香坂玲・冨吉満之 (2015) 伝統野菜の今 地域の取り組み、地理的表示の保護と遺伝資源」 清水弘文堂書房, アサヒ・エコ・ブックス No.37ISBN978-4-87950-616-0 C0095pp.280


香坂玲 (2012) 地域再生 逆境から生まれる新たな試み」岩波ブックレット 岩波書店 80pp. (著書・査読なし)

 

香坂玲 (編著者) (2012) 西悠・本田悠介(上西浩史 世良清 コラム) 「知っておきたい知的財産活用術地域が生き残るための知恵と工夫」 ぎょうせい248pp. (編著書・査読なし)

 

香坂玲 (2011) 『森林カメラ美しい森といのちの物語 清水弘文堂書房 アサヒ・エコ・ブックス

 199pp.

 

香坂玲 (2011) 『生物多様性と私たち COP10から未来へ  岩波ジュニア新書 岩波書店 210pp.

 

岸田眞代・香坂玲(編)(2010中小企業の環境経営地域と生物多様性サンライズ出版 98pp. 

 

香坂玲 (2009)  いのちのつながり よく分かる生物多様性 中日新聞社 204pp.

 

Kohsaka,R. (2004) Contests of Natual Beauty Kassel出版 260pp. ISBN:3-935638-57-4  


Kohsaka,R. Dembczynski,K. (2004) Exploring Criteria in Forest Aesthetics: Rough Sets Theory and Discourse Analysis 国際応用システム分析研究所 (IIASA)  67pp. IIASA Interim Report  IR-03-038



[総説・書籍の分担 Essays/Chapers]

香坂玲 (2015) 関谷・瀬川(編著)COP10・生物多様性の報道を振り返る――「生きもの地球会議」の不都合な真実 「メディアは環境問題をどう伝えてきたのか公害・地球温暖化・生物多様性」 ミネルヴァ書房, pp.292-315

 

冨吉満之・香坂玲 (2015) 「地方都市近郊の里山保全に対する住民の意識~石川県小松市民を対象とした質問紙調査の結果から~」環境共生,日本環境共生学会,vol. 26, pp. 40-47.

 

冨吉満之・香坂玲 (2014) 「農業参入企業および営農集団による耕作放棄地の解消を通じたローカル・ガバナンスの再構築 -石川県七尾市能登島の事例から」 環境共生,日本環境共生学会,vol. 25, pp. 54-61.

 

香坂玲・西悠 (2014) 「一次産業における知財の活用地理的表示と地域団体商標の展望」  隅蔵康一・香坂玲 他3名(編)他23名 「知的財産 イノベーション研究の展望 明日を創造する知財学」 知財学会10周年記念号株式会社白桃書房 , pp.295-317

 

香坂玲 (2014) 「6講 森林の多面的な機能」 井出雄二・大河内勇・井上真(編) 「教養としての森林学」文永堂出版, 978-4-8300-4127-3, pp.77-85 


香坂玲・庄子康 (2012) 生態系サービスの評価-環境経済からのアプローチ 森章(編)エコシステムマネジメント:包括的な生態系の保全と管理へ 第11章 共立出版 pp.263275

 

香坂玲・岩田まり (2012) バイオ燃料を巡る欧州連合の基準策定プロセス:生物多様性を巡る政治力学 国際地域経済研究 13号 附属経済研究所年報 No.13 pp.28-38

 

湯本貴和・香坂玲・嘉田良平・斉藤修 他 (調整役代表執筆者)(2012) 「なぜ里山・里海の変化はなぜ問題なのか?」 国際連合大学高等研究所/日本の里山・里海評価委員会編集『里山・里海 自然の恵みと人々の暮らし』  朝倉書店 pp.61-75


Yumoto,T. Kada,R. Kohsaka,R. Saito,O. Inoue,M. Kuriyama,K. Kodama,Y. Kito,S. Shibata,H. Washida,T. (2012) Why is change to satoyama and satoumi a concern? Satoyama–Satoumi Ecosystems and Human Well-Being: Socio-Ecological Production Landscapes of Japan: Duraiappah et al (eds) SatoyamaUNU-Press 125-154

 

香坂玲 (2012) 森林の価値はいくらか?自然資本の定量評価が進む 『森で経済を作る -グリーンエコノミー時代を拓く』日経BP pp.18-20 

 

香坂玲 (2012) 「生物多様性」 『現代社会学事典』弘文堂 p.722


香坂玲 (2012) 「自然資本の価値を経済に取り込む: リオ+20における日本の立場とこれから」 森林技術, 日本森林技術協会, No.844 pp.8-11

 

香坂玲(編著)他10名 香坂玲 (2012) 「地域のレジリアンス―大災害の記憶に学ぶ」 清水弘文堂書房,pp.199pp,9784879506061C0050 pp.10-14, pp16-33  

 

香坂玲 (2011)  環境保全と南北問題の相克――熱帯雨林・生物多様性の映像受容にみる日本とインドネシアの差  『社会と倫理』 第25 pp. 71-85

 

文部科学省科学技術政策研究所・()未来工学研究所 (2011) 文部科学省第9回デルファイ調査 

8.1.3 【社会系】 環境経済政策/環境経済評価/環境経済指標/環境経営手法 pp.572-573 

8.1.9 【対策技術系】 生態系・ランドスケープ/生物種・ハビタット/遺伝子の各レベルにおける多様性保全・復元・評価及び対策/野生生物との共存手法 pp.579-580 

香坂玲 (2011) 「森林と生物多様性」 毛利勝彦 ()  『生物多様性をめぐる国際関係』 大学教育出版 pp.68-89

 

香坂玲 (2011) 「生物多様性条約とは何か -科学と政治のあいだ -」 山村則男(編) 『生物多様性どう生かすか保全・利用・分配を考える』 地球研叢書  昭和堂  pp.39-68

 

香坂玲・坂上雅治 (2011) 利用者ニーズに見る東山動植物園の新たな整備の方向性に関する考察  国際地域経済研究  附属経済研究所年報 No.12  2011  pp.33-39

  

香坂玲 (2011) 「いきもの」から「駆け引き」へ:報道のギャップはなぜ生じたのか 新聞研究 714:16-19 

香坂玲 (2011) 「生物多様性と生物資源」  ブリタニカ国際年鑑  2011年版 ブリタニカ・ジャパン株式会社 pp. 146-149

 

香坂玲 (2010) 生物多様性条約の新たな目標と戦略:ポスト2010年目標、気候変動とのリンケージ、科学-政策のインターフェース  環境情報科学393号 pp.12-15 


香坂玲 (2010) 日本の里山・里海評価 里山・里海の生態系と人間の福利. 日本の社会生態学的生産ランドスケープ -概要版―, 国際連合大学, 東京 pp.16-25  (国レベル評価 [4]) 

 

香坂玲  (2010) 日本の里山・里海評価里山・里海の生態系と人間の福利. 日本の社会生態学的生産ランドスケープ -関東中部クラスター -関東中部の経験と教訓―, 国際連合大学, 東京 pp.45-76 

 

松村正治・香坂玲 (2010) 生物多様性・里山の研究動向から考える 人間-自然系の環境社会学 (研究動向)環境社会学研究 Vol. 16 pp.179-196


香坂玲 (2010) 都市における生物多様性・生態系サービスを考える ローカルな政策と科学の対話の課題 都市計画 287 Vol.59 No.5 pp.9-12

 

香坂玲 (2010) 生物多様性第10回締約国会議の意義 日本の科学者Vol.45 pp.4-9

 

香坂玲・荒木徹也 (2010) 「なごや東山の森」における利用者特性 -ニーズの実態の基礎データ-「国際地域経済研究」11号 附属経済研究所年報 研究ノート No.11 pp.39-47


香坂玲 (2010) COP10の論点と愛知・名古屋以降の課題」『森林環境2010 生物多様性COP10 pp. 16-25 (財)森林文化協会

 

香坂玲 (2010) 都市における生物多様性指標の世界的動向の把握~生物多様性COP10への提言~ アーバン・アドバンス,(財)名古屋都市センター発行,No.52,pp.5661


香坂玲 (2010) 東山動植物園と都市林「東山の森」の再生に向けて~ローカルな科学と政策の対話~ アーバン・アドバンス 52:11-16 (財)名古屋都市センター発行


香坂玲・蓑原茜 (2010) 環境条約と科学諮問機関の役割: 生物多様性条約とワシントン条約(CITES)の事例から『椙山人間学研究』 pp.65-77

 

奧山洋一郎・香坂玲・寺岡行雄・枚田邦宏 (2010) ドイツ、バーデンビュルデンベルグ州における森林技術者養成・研修制度 (報文) 九州森林研究 63: 147-150 

 

香坂玲・本田悠介 (2010)  遺伝資源の利益配分と知的財産権:生物多様性条約の経験から名古屋大学大学院 国際開発研究科 GSID Discussion Paper No.177 15pp.

 

香坂玲 (2010) 「南北の対立と生物多様性条約」総合地球環境学研究所(編)『地球環境学事典』 弘文堂 pp.212-213 670pp.

 

香坂玲 (2010) 「生物多様性条約と生態系サービスとは」 pp.34-54  林希一郎(編) 生物多様性・生態系と経済の基礎知識 わかりやすい生物多様性に関わる経済・ビジネスの新しい動き 中央法規出版


香坂玲・徳山美津恵 (2009) 「生物多様性に関する企業の認識」 pp.300-322 林希一郎(編) 生物多様性・生態系と経済の基礎知識 中央法規出版


香坂玲 (2009)  国連生物多様性条約と森林分野における議論  森林環境 2009 生物多様性の日本 pp.106-118 (財)森林文化協会

  

Lehmann,S. Kohsaka,R. (2008)  Wälder als Verhandlungsgegenstand der 9. Vertragsstaatenkonferenz (VSK) der CBD. Natur und Landscahft Vol.83, No.4, pp. 138-140. 


Kohsaka,R. (2008)  “Encouraging Communication and Implementation: Lessons Learned from the Case of the Convention on Biological Diversity’s Forestry Web” in Kleinschmit,D. et al. (eds) Communicating Forest Science: A Daily Task. pp. 9-12  IUFRO Occasional Paper No. 20 ISSN 1024-414X.

 

Kohsaka,R. Coates,D. Noonan-Mooney,K. (2007)  Implementation of a global protected forest area network under the CBD.  In Schmitt, C. B. et al. (eds.)  A Global Network of Forest Protected Areas under the CBD  pp. 95-98: Verlag Kessel, Remagen.


Kohsaka,R. (2006) Storyline of Two Heidi: From results of audience studies in Japan and central Europe.  in Lutum, P. (Ed.) Japanizing: The Strucutre of Culture and Thinking in Japan pp. 272-294. LIT Verlag, Berlin.

 

香坂玲・九里徳泰 (2006)自治体CSRの持続可能性指数のダイナミズム
サスティナブルマネジメント52 pp27-44

   

香坂玲・九里徳泰 (2006)グローバル石油産業における生物多様性への取り組み
サスティナブルマネジメント61 pp59-74

 

香坂玲 (2006)  地域ブランドを守る「地域団体商標」 山林 No.1460  pp. 31-39

 

香坂玲 (2006)  政治性をおびる酸性雨という物語:欧州諸国とドイツで森林環境2006 pp.40-48


石井寛、香坂玲 (2006)  ドイツにおけるローカルアジェンダ21と市有林管理 『ヨーロッパの森林管理』 pp.175-197 日本林業調査会
 

石井寛、諏訪実、香坂玲 (2003)  ヨーロッパにみる森林政策のグローバル化とローカル化の動き 山林 No.1431 pp.18-27

 

香坂玲竹内景子 (2002)木材利用の文化的アピール サスティナブルマネジメント  2:1:61-70

 

Kohsaka,R.(2000) Gift und Tabu. Bemerkungen zur japanischen Tropenwalddebatte. Der deutsche Tropenwald. Bilder, Mythen, Politik pp. 214-223

 

Flitner,M.(編) Kohsaka,R. 13 (2000) Gift und Tabu.Bemerkungen zur japanischen Tropenwalddebatte. 訳題『毒とタブー:日本の熱帯林論争に関する考察』 Der deutsche Tropenwald. Bilder, Mythen, Politik.(訳題 ドイツの熱帯林:絵・神話・政治), Campus出版, Frankfurt am Main/New York, 12pp.214-223 ISBN: 3-593-36622-3


 
[翻訳]

環境省 (2011) 地球規模生物多様性概況第3 [香坂玲監修]  生物多様性条約事務局 Global Biodiversity Outlook 3 (GBO3), 94pp, SCBD, Montreal. 

 

Newton Press (2010)  5章 データでみる生物多様性 [香坂玲協力生物多様性 Newton別冊 pp. 137-157

 

エリザベス・メイ 著 [香坂玲・深澤雅子] (2009) 森林大国カナダからの警鐘脅かされる地球の未来と生物多様性 日本林業調査会 566pp. カナダ出版賞受賞作

環境省 (2008) 地球規模生物多様性概況第2 [香坂玲監修]  生物多様性条約事務局 Secretariat of the Convention on Biological Diversity (SCBD) (2006) Global Biodiversity Outlook 2 (GBO2) 81pp  SCBD, Montreal.  

 

環境省 (2008) 生物多様性と気候変動 [香坂玲監修] 生物多様性条約事務局 Secretariat of the Convention on Biological Diversity (SCBD) (2007) Booklet on Climate Change and Biodiversity 

 

ミヒャエル・フリットナー著 [香坂玲] (2007) 走る動物-従属と恐れの空間 『文化としてのテレビ・コマーシャル  9pp.183-194  世界思想社


 
[書評Book Review]

香坂玲 (2014)  岩手新聞など(201454,9面)ほか18紙  「書評 自然再生の環境倫理 現場の葛藤を分析」 共同通信 

 

香坂玲 (2009) 「The Politics of Environmental Discourse : Ecological Modernization and the Policy Processサステイナブルメネジメント Vol.8 No.2 pp.75-76

香坂玲 (2005)「人と森の環境学」 井上真・酒井秀夫・下村彰男・白石則彦・鈴木雅一 林業経済 Vol.58 No.1 pp.20-22


Kohsaka,R. (2003) Sustainable Farm Forestry in the TropicsVol.42 No.1 Quarterly Journal of  International Agriculture pp.117-119

 

Kohsaka,R. (2002)User's Guide to Forest Education: Not Just for Foresters International Review for Environmental  Strategies Vol.3 No.1 pp.201-203

 

Kohsaka,R. (2002)  The Roots of Japan’s International Environmental Politics Global Environmental Politics Vol.2 No.2 pp.133-134


 
[コラム]

香坂玲 (2015) 「地方創生―逆境を活かす」 全国市議会議長会・全国町村議会議長会「地方議会人」5月号,中央文化社, 34-38

 

香坂玲 (2015) 「地域で推進する生物多様性」全国市長会機関誌「市政」4月号: 10-12

 

香坂玲 (2015) 石川の自治と教育, 4月号: 27-39

 

香坂玲 (2014) 76回全国都市問題会議,都市と新たなコミュニティ, 全国市長会発行, 2014109, pp.173-179


香坂玲 (2012) 「世界農業遺産と地域創造への思い」 AFCフォーラム 2012・7月 観点望気 p1

 

香坂玲 (2011) 生物多様性問題に企業はどう対処するのか名古屋議定書を中心に CEAR広報誌 40:4-10  産業環境管理協会発行

 

香坂玲 (2010) COP10の成果と今後 資源環境対策 Vol.46 No.12:71-72


北川勝弘・香坂玲 (2010) 生物多様性と生態系サービスの論点 特集まえがき 日本の科学者Vol.45 p.3

 

読売新聞中部支社社会部 (2010) 教えて! COP10 ゼロから学ぶ生物多様性 - 読売新聞中部支社 名古屋(第2回~6回 第3234回) 77pp

 

香坂玲 (2010) 中小企業における生物多様性への取組み 資源環境対策 Vol.46 No.10: 76-80 


香坂玲 (2010) 生物多様性条約の経緯と愛知名古屋でのCOP10の意義 生活と環境 特集 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けた内外の動向 生活と環境 Vol. 55 No.8 pp. 22-26 () 日本環境衛生センター

 

香坂玲 (2010) 「今、生物多様性でなにが議論されているのか」 世界思想 37(2010 ) pp.9-13 

 

香坂玲 (2009)  生物多様性と企業活動経団連のアンケートにみるリスクとチャンス『環境管理』 2009年 9月号 pp. 25-29 

 

香坂玲 (2009) 「萌芽を育てるフィールドワーク」  荒木徹也・井上真 編
『フィールドワークからの国際協力』 pp.38-39 京都 昭和堂 

香坂玲 (2008) ”experiences from implementing CBD in the local context;

Restoring Satoyama and urban biodiversity through citizens’ participation in Higashiyama, Nagoya Aichi”, Biodiversity Research: Safeguarding the Future,パリ自然史博物館発行,p.37

 

香坂玲 (2007) 「木材利用の文化的アピール」 森林と木材を活かす事典,産業調査会発行,pp.490-491


香坂玲 (2007) 熱帯雨林の映像をめぐるオーディエンスの南北差 山田奨治編
文化としてのテレビ・コマーシャル pp.214-215  京都 : 世界思想社
 

香坂玲 (2006) 「フィールドワークの臨場感と共有の場」 井上真編
躍動するフィールドワーク:研究と実践をつなぐ pp.22-23 京都 : 世界思想社

 

 
[報告書]

* 香坂研究室 (2015) 「能登の観光振興に向けたアンケート調査」 - 地域住民と首都圏住民のまなざしの比較から-, 株式会社日本政策投資銀行北陸支店 地域・海外レポート(金沢)16pp

 

* 香坂研究室 (2014) 『加賀野菜の認知度等に関するアンケート調査』-『加賀野菜』ブランドの発信・普及に向けて-株式会社日本政策投資銀行北陸支店 地域・海外レポート(金沢), 15pp

* 香坂研究室 (2013) 「食に関する外国人客と飲食店とのギャップ調査」 (もっと自信を持っておもてなしを), 株式会社日本政策投資銀行北陸支店 地域・海外レポート(金沢), 25pp 


* 香坂玲 (2011) ドイツにおける「国民参加の森林づくり」の支援制度 

「国民参加の森林づくり運動」を支援する人材育成のあり方(日本型フォレスター制度)に関する調査研究  pp. 40-58  (財)林政総合調査研究所  


* Kohsaka,R. (2011) Nagoya University Global COE Program "From Earth System Science to Basic and Clinical Environmental Studies" International Workshop (2011 4-6 March) Report

Ecological and Sustainable Development of Ise Bay Bioregion pp. 65-68


香坂玲 (2010) 平成21年度 名古屋都市センター 特別研究報告書 「都市における生物多様性指標の世界的動向の把握」 67pp.


* 水野朝夫ほか・香坂玲 (2009) 技術倫理と社会 「環境・生態系・生物多様性と倫理」  社団法人 日本技術士会 中部支部 ETの会  第5 pp.96-103

香坂玲 (2009) 平成21年度林業基本対策推進事業研究課題
「諸外国における生物多様性の保全を目的とした森林・林業政策の推進方向並びに公的関与に関する分析」 フィンランド国担当 pp.31-45


川田勲ほか・香坂玲 (2005) 林業基本対策推進事業研究課題「木材流通実態調査」, ()林政総合調査研究所 40pp


* 香坂玲 (2005) アジア圏の森林行政機構  ドイツGTZ技術協力公社(ベトナム事務局) 日本の章担当 pp.35-50. 


* 香坂玲 (2005) 自然再生の理念に関する環境倫理学的研究 (科研調査報告書 研究代表 鬼頭秀一)
(
科研課題番号16652003) イギリスのキツネ狩りをめぐる生命倫理の論争 pp.188-192 


* 香坂玲 (2004) ドイツにおける野生動物管理と森林管理のあり方について 兵庫県 (農林水産部農林水産局林務課・森林動物共生室) 72pp.
 
*
石井寛ほか・香坂玲 (2004) 分権化・循環型社会における森林政策の課題と政策手法に関する国際比較研究 (科研課題番号13572030) 報告書 9章「バーデンビュルテンベルク州における市有林経営の現状」 pp. 81-96

 

* 今井盛生ほか・香坂玲 (2000) 炭素循環と環境保全を実現する森林バイオマス・畜産廃棄物発電による地域振興 (科研課題番号07660201) 代表 今田 盛生 (九州大学大学院農学研究院) 翻訳・現地コーディネート 130pp.


*
香坂玲 (1998) Doors to Democracy 環境政策住民参加に関する報告 中東欧地域環境センター(REC) pp.399-436 (ユーゴスラビア諸国の章 補佐)


* 香坂玲 (1997) 秩父演習林自然環境調査報告書  東京大学大学院 農学生命科学研究科 



[学会発表 Proceedings ]


(海外・国際会議 招待講演)

Kohsaka,R. Matsuoka,H. Fujihira,Y. and Uchiyama,Y. (2015) Did the Heritage System Benefit the Municipality? Case of Noto with the GIAHS applying Quantitative Approach to Assembly Records and Agricultural Products,The 15th Science Council of Asia Board Meeting and International Symposium (Siem Reap, Cambodia: May 15-17), pp80-82.

 

Uchiyama,Y. and Kohsaka,R. (2015) Applying City Biodiversity Index to Japanese municipalities: Practical and methodological challenges,The 15th Science Council of Asia Board Meeting and International Symposium (Siem Reap, Cambodia: May 15-17), pp20-22.

 

Natural Capital, Green Economy and Biodiversity;  Implication for Indonesian rain forests (20155)  International Conference in Economics and Banking(ICEB), STIE Ekuitas(エクイタス経済大学), Bandung, Indonesia

 

Muiti-Scale Collaboration for Conservation and Use of Biodiversity and Genetic Resources; From Nagoya COP10 to Future International Collaboration (20155) International Seminar on Multilateral Cooperation on Biodiversity , Nine Tree Convention, Seoul, Korea

 

Governance of ecosystems services, forest biodiversity and traditional knowledge – a science-policy interface and comparative views in Asian contexts (20152) International Workshop: International Cooperation in Forest Research National University of Seoul

 

能登半島におけるローカル・ガバナンスと市民参加-市場データに基づく実験的探求 (20152) 社会生態学的生産ランドスケープに関する国際シンポジウム 国連大学

 

白山の林業の課題 現代アジアの課題に対する方法論を考える:環境、農業、人口と安全保障へのアプローチから (20133) 1st Asia Future Conference 2013(第一回 アジア未来会議),Atsumi International Foundation Sekiguchi Global Research Association 主催バンコク タイ, Proceedings p49

 

Science and Policy Dialogue of Biodiversity and Ecosystem Service  Experience from  Aichi-Nagoya CO 【基調講演】 (201210) International Seminar for  Strategy of Conserving Biodiversity and Promotion of UNCBDUNCBD誘致及び生物多様性確保のための国際セミナー), Research institute for Gangwon主催江原道 春川市 韓国

 

日本の生物多様性条約締約国会議と戦略について【招待講演】 (201210) Biodiversity Conservation and Rural Community 2014 UN-CBD(韓国 江原道 生物多様性保全と地域社会 2014UNCBD誘致 生物多様性確保のための国際セミナー) 江原発展研究院主催江原道 春川市世宗ホテル 韓国

 

From Aichi-Nagoya COP10 to Korea COP12: IPBES Busan Declaration and Aichi Target【招待講演】(20129) Symposium for Strategic Plan for Biodiversity of Gyeongsangnam-Do Province(韓国 慶尚南道における生物多様性戦略の計画策定のためのシンポジウム), Gyeongsangnam-Do Province Changwon主催,慶尚南道 昌原市 韓国

 

How can we capture and utilize ecosystem services from biodiversity? 【招待講演】 (20128) Shanghai Chongming Eco-Island International Forum(上海 崇明島 生態島 国際フォーラム)中国上海市科学技術委員会主催上海市崇明島 中国

 

SATOYAMAイニシアティブとレジリエンス 持続可能な社会を目指して【パネリスト】

(20127) 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム (ISAP2012地球環境戦略研究機関(IGES) 国連大学高等研修所(UNU-IAS)主催横浜市, Proceedings p.5, 13, 42

 

CBD COP10 and Wetland 【招待講演】 (20122) Youth exploring nature for conservation of wetland and biodiversity(湿地と生物多様性保全を模索するユースの会合), Indian Environmental Society主催ウダイプール インド



[国内招待講演](一部)


世界農業遺産と農林水産品、観光、担い手の動向と課題 - 能登半島のローカルガバナンスの構築に向けて - (20152) 石川県農林総合研究センター 研究成果発表会 石川県農林総合研究センター農業試験場

 

海外からの遺伝資源の取り扱いに潜むリスクとチャンス-そもそも生物多様性とは何か- 【招待講演】(20137) 名古屋議定書に関するセミナー「大学・研究機関が知っておくべき生物資源の取り扱い・生物多様性について」福井大学URAオフィス[共催]国立遺伝学研究所、日本知財学会ライフサイエンス分科会,福井大学 文京キャンパス

 

生物多様性に関するトピックの紹介、フリーディスカッション【ファシリテーター】 (20138) 平成25年版環境白書を読む会~最新環境白書から、人と自然の共生を考える~中部地方環境事務所主催ウインクあいち

 

研究者は社会とどのように関わっていくべきか、化学は人の心が関与する問題をどう説明できるか(20129) サイエンス・コミュニケーション包括型脳科学研究推進支援ネットワーク主催,名古屋国際会議場

 

「環境マネジメント手法」(20126月) 東北大学 生態環境人材育成プログラム 講義

 

「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の概要:利益配分・知的財産の分野を中心に」(20102月)"知財学会第7回ライフサイエンス分科会 基調講演, 東京理科大学 知的財産戦略専攻MIP

 

Environmental Treaties: Their Role, Possibilities, Risks and Limitation (20098) 講演

椙山人間研究センター 第三回 人間講座, 南山大学

 

生態系サービスとコミュニケーション- 科学-政策インタフェーズと民間セクター参画の現状にみる課題 -【招待講演】 (20096) "環境三学会合同シンポジウム2009基調講演名古屋大学環境総合館

 

「遺伝資源の利益配分と知的財産権-生物多様性条約の経験から-」(20096知財学会 第7回学術研究発表会 東京工業大学

 

「生物多様性と地域での活動」 (20096月) 埼玉県 生態系保護協会 講演


「生物多様性条約の概要」(20095月)第1JBON ワークショップ 保全・再生分科会 講演

 企業活動とリスク・コミュニケーション-生物多様性に関わる分析より-(20093)

56回日本生態学会, 口頭発表, 岩手県立大学

 

 横浜国大 生態リスクCOE (20091) セミナー


日本林学会 京都大学 口頭発表 (20091) 土木中部学会講演 特別講演

 

森林総合研究所 生物多様性 講演 (20091)

 
[
生物多様性のCOP10について」(20091) 188 Brown Bag Lunch Seminar 講演

環境三学会合同シンポジウム(2009) 

大阪大学 「環境リスク公開セミナー」 講演

 

生物多様性条約の現状と課題: 農業と森林分野での経済的議論を中心に【招待講演】 (20089

) 生物多様性の経済学 神戸大学経済経営研究所 RIEBセミナー 神戸大学


CBD COP10 Pre-symposium-Assessing forest biodiversity for 2010 and post-2010 targets-
200910月)科学技術政策研究所 所内講演会


国際秩序の形成と海洋地球研究 (2009)

REITI 水産業における資源管理制度に関する経済分析 講演

 


[報道掲載](一部)


  東京新聞 (20141120, 8)

「能登拠点にESD研究」, 大学生ら地元の農魚業学ぶ 

 

北國新聞 (20141114, 35)

「里山の持続的発展へ調査」, 能登で金大チーム自然環境の変化や認定地域で生産される農産物などの需給、価格の動きを調査

 

北陸中日新聞 (20141113, 29)

「能登に学ぶ」, ポストESD里山里海を活用

 

 北國新聞 (201452, 21)

10カ国研究者が里山議論 ヒルズこまつ 初の国際会議」

 

北陸中日新聞(2014428, 17面)

「新幹線 木場潟 調和を」

 

 朝日新聞(2014424, 35面)

「木場潟と白山 眺望守ろう 27日、小松でフォーラム」

 

 朝日新聞(2014419, 26面)

「里山などの持続探る 来月、小松で国際会議」

 

 北國新聞 (2014411, 38)

「伝統野菜の懇談会発足」加賀、能登の伝統野菜のブランド力向上、種の保存を目指す懇談会